子どものケンカ(3~5歳くらい) とめたい時のPoint1、2、3、

悩んだ分だけ優しくなれる 西宮のおやこのための小さなお家サロン おやこSalon aiai

香川真希です。

おやこSalon aiaiのメニューは

・マママとベビマ(肌から伝わる想いを赤ちゃんとお母さんとで)

・オムツなし育児サロン(0歳からのおしりdeコミュニケーション=おしりケーション)

・黄土漢方よもぎ蒸し(全ての女性に)

おはようございます。おやこsalon aiai香川真希です。

子ども同士、ケンカをしているとママ同士、気まずいですよね。

「ごめんなさいは?」って悪くもないのに謝らしたり、おもちゃを貸してあげなさい、なんて強要してみたり、軋轢(あつれき)をなくそうって大人都合でしちゃいがちです。


私も、やっぱり しちゃいます。

でも、私にはしなくていいよ、って言っちゃいます。

どういうことかって言うと、子どものケンカは子ども同士でさせたらいいのです。

でも、どうにも困ってそう、解決ならなそうなら、間に入る必要はありますが、ジャッジはしないようにしましょう。


Point1, ケガにならない程度で子ども同士でさせる

Point2, ジャッジはしない

Point3, 少しだけ手を差し伸べる


この、Point3の少しだけ手を差し伸べる、ですが、いろいろあります。

ここが親の魅せどころかもしれません。


今日は、距離について書いてみたいと思います。

距離ってね、大事なんです。

距離感違う人っていませんか?

顔が近すぎると、なに???って思うでしょ。

ケンカをしているときも、距離が近いときだと思います。

そんなときは、離れたらいいんです。

離れなさい、って言っても子どもは離れない。そしたらどうするか??



大人が間に座るだけで距離ができます。



何も言わなくても、どーーーんって座ってみてください。

邪魔な障害物になって距離が生まれます。

すると、不思議とけんかが治まるときがあります。



あとね、距離感をつかめるようになるのは、やっぱり、aiaiでおススメしているベビーマッサージなんです。

人に触れられて、人を感じる。

心地よさと心地悪さを知っていると、自然と他との距離感はつかめます。




ベビーマッサージって言うだけに、もう、ベビーじゃないし・・・って声をいただきます。

そうですね。

レッスン料を払って、レッスンが出来ないのでは、マッサージは終わりなんだな、って思っちゃいますよね。

だから、2か月から通い、(2か月というのは外出できる月齢を目安にしています。マッサージは生後2週間から行えます)毎日の習慣にし、動き始めたころには、お家でリラックスタイム、もしくは、レッスンでも心地よさを知っているのでスムーズに参加できる、という流れです。



触れ合いは、全てのコミュニケーションの基礎だと私は思っています。


aiaiで わらべうたベビーマッサージ、始めてみませんか?






0コメント

  • 1000 / 1000

悩んだ分だけ優しくなれる西宮のおやこのための小さなお家サロン おやこSalon aiai

フォローして応援してくれたら嬉しいです♡