絵本:こんとあき。必ず泣いてしまうのは、どの立場で読むから?

悩んだ分だけ優しくなれる 西宮のおやこのための小さなお家サロン おやこSalon aiai

香川真希です。

おやこSalon aiaiのメニューは

・マママとベビマ(肌から伝わる想いを赤ちゃんとお母さんとで)

・オムツなし育児サロン(0歳からのおしりdeコミュニケーション=おしりケーション)

・黄土漢方よもぎ蒸し(全ての女性に)

絵本大好きなaiai香川です。
家に絵本が溢れててどうやって片付けようかと日々、検討中です。

お気に入りの絵本の1つで

こんとあき

という絵本があります。

産後の涙腺が弱い時に、娘が読んで〜と持ってきました。

もう、泣かない!涙は出ない!

と思っていたのに泣いてしまいました。

ここ絵本は、どの立場に想いを寄せて読むかで変わります。

子どもの立場

大人の立場



私は、大人〜親〜の立場になって読んでしまい、子を想う気持ちで「こん」の守りたい存在を大事にする気持ちが切なくて涙しちゃうみたいです。



読んだ事のないあなた
読んだ事はあるけど、もう一度読みたいあなた

ぜひ、私は、どの立場で読んでいるんだろう?と感じてみてください。



0コメント

  • 1000 / 1000

悩んだ分だけ優しくなれる西宮のおやこのための小さなお家サロン おやこSalon aiai

フォローして応援してくれたら嬉しいです♡